ここから本文です

晩菊 (1954)

監督
成瀬巳喜男
  • みたいムービー 8
  • みたログ 53

4.18 / 評価:17件

解説

 林芙美子の短編小説『晩菊』『水仙』『白鷺』を、田中澄江と井手俊郎が共同で脚色し、成瀬巳喜男が監督した女性映画。盛りを過ぎた四人の元芸者たちの人生を、ユーモラスかつシニカルに描く。  かつて芸者だった倉橋きんは、今や金を貸したり土地を売買したりと金儲けに生きていた。金の借り手の中には、かつての芸者仲間であるたまえ、とみ、のぶの三人もいた。もはや色恋には興味を示さないきんだったが、かつて恋人だった田部からの手紙には心を躍らせ、化粧をして待ち合わせ場所に赴いた。しかし田部の目的は金を借りることであり、きんは落胆するのだった。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ