ここから本文です

魔子恐るべし (1954)

監督
鈴木英夫
  • みたいムービー 0
  • みたログ 7

3.00 / 評価:3件

珍品

  • kin******** さん
  • 2019年10月1日 8時18分
  • 閲覧数 141
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

全編マンガチック。支離滅裂なストーリー展開と御都合主義の連続です。
物語はよくここまでつまらなくしたな、という感じ。
 ですが、その後大活躍する大物俳優の怪演が目白押し。
「はい」とやたらハキハキ喋る根岸明美。オカマ言葉のギャング森繁久弥。女好きなストリップ劇場の文芸員加東大介、など。藤原鎌足の下僕は本当に都合のいいときだけ現れる。
 こんな映画もあったのだ、という骨董品的価値に星三つ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ