ここから本文です

噂の女 (1954)

監督
溝口健二
  • みたいムービー 4
  • みたログ 69

4.00 / 評価:19件

溝口さんは廓主人の絹代さんが好きだった?

  • 百兵映 さん
  • 2014年11月23日 14時22分
  • 閲覧数 703
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

女優田中絹代が主演の溝口映画を見たくてこのDVDを借りて来た。『ある映画監督の生涯 溝口健二の記録』を観たからだ。この中でこの女優さんと監督の関係が様々証言されていて面白かった。

 『噂の女』では、田中絹代は廓の女主人の役割を演ずる。さすが、監督の思い入れの強い女優さんだけのことはある。女の強さ、哀しさ、美しさが上品に演出されている。筋から言えば娘さんの方が主役であろうに、母の方が主役に見える。とかく『噂』の主役であるご両人の関係を実証するような作品だ。

 それはそれとして、この物語はどうなんだろう。私の好みではない。一人の医師を挟んだ母娘間の三角関係。そういう構図にして、女を描かなければならないか。他にも何本か溝口作品を観ているけど、いいっ、と思ったのは『雨月物語』だけかな。これにも田中絹代が出ていた。そう(今気づいたが)、ここでも、そこそこ真面目な男(確か陶芸師だった?)が竜宮城の女に血迷って本妻を失う。二人の女に挟まれた三角関係だったわけだ。

 溝口流女性観、かな? 私は彼のように“女の世界”を知っているわけではないが、「哀しくないと美しくない」というようには感じられないのだが……。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ