ここから本文です

唄ごよみいろは若衆 (1954)

監督
小沢茂弘
  • みたいムービー 0
  • みたログ 0

未評価

解説

 子母沢寛の『投げ節彌之』を「野ざらし姫 追撃の三十騎」の西条照太郎と小沢茂弘がそれぞれ脚色と監督を担当し映画化。撮影は「里見八犬伝」五部作の松井鴻。  土佐藩の山城守が鷹狩りの最中に旅の娘お花と戯れているところを、勤皇派の稲葉彌左衛門の次男である彌之助が止めた。これを不義として頼母が彌左衛門を斬ったため、彌之助と兄の彌吉郎は土浦の地を去っていった。お花と父の忠吉に助けられた二人は下利根に逃げ延び、彌之助は勤王の大志を抱き、彌吉郎は武士を嫌ってやくざ姿を装っている。だがたまたま通りかかった土浦藩士がお花の姿を認めたことから、忠吉が斬り捨てられてしまった。彌吉郎は藩士たちと戦い、彌之助とお花を逃がすのだったが…。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ