ここから本文です

八百屋お七 ふり袖月夜 (1954)

監督
松田定次
  • みたいムービー 0
  • みたログ 0

未評価

解説

 旗一兵の原作を「慕情」の舟橋和郎が脚色し「影法師一番手柄 妖異忠臣蔵」の松田定次が監督した。美空ひばりと中村錦之助のコンビが、歌に恋に剣に活躍する娯楽時代劇。  明暦の大火の後、八百屋久兵衛は娘お七と手代松豆とともに吉祥寺に避難。そこで町方奉行所与力の生田左門の弟、吉三郎と出会い恋に落ちる。だがお七に想いを寄せる上州屋の一人息子の千太郎が、金にものを言わせてお七を自分の嫁に迎えようとしていた。お七は吉三郎に相談の手紙を出すが、すれ違いで手紙は届かず、お七は父の窮状を救うため千太郎の妻になる決意をする。吉三郎は大火の下手人が上州屋の手下である湯島の竹であること、彼に恐喝されている料亭の女将がお七の母親であることを知り…。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ