ここから本文です

二十四の瞳 (1954)

監督
木下恵介
  • みたいムービー 100
  • みたログ 544

4.65 / 評価:202件

日本映画歴代ベスト1

  • kin***** さん
  • 2020年1月21日 17時56分
  • 閲覧数 261
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

まさに名作中の名作です。
デジタルリマスター版とは言え、やっぱり画質はザラついていたのが、唯一残念なところ。

 何かのエッセイか伝記で監督は、「わざと下手に撮るんだ」そう宣言していた、と読んだ記憶があります。まるでテクニックなど封印したように見えて、伝えるべきものは変にカメラを振り回すより、ずっと饒舌に伝える手腕と自信、木下恵介はやはり天才ですね。

 大石先生が泣く場面ではこっちも知らず泣いてしまいます。本物の兄弟姉妹を集めた子役たちが素晴らしい。全編が名場面の連続です。

 戦闘場面などひとつもなく、ひたすら瀬戸内海の美しい自然と、貧しい中助け合って暮らす人情を追いながら、こんなに高らかに反戦を謳い上げるとは。
 日本映画の財産です。

(注 最後にちょっとネタバレ)
 浜で撮った松葉杖の先生と子どもたちの写真が、本当によく利いています。自転車を贈り、盲目になったソンキが「この写真だけは見えるんだ」というクライマックス。涙でスクリーンが霞んでしまいました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • 知的
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ