ここから本文です

二十四の瞳 (1954)

監督
木下恵介
  • みたいムービー 104
  • みたログ 557

4.42 / 評価:212件

ただただ涙

  • s_w_l_j さん
  • 2021年3月6日 21時43分
  • 閲覧数 181
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

淡々と出来事の積み重ねることで、観ている者は先生の心情が手にとるようにわかる。「一緒に泣いてあげるからね」というのは先生の本心であり、何よりも尊い祈りのようなものである。朴訥な子供たち、飾り気のない村人、山も海も、ただ静かにそこにあるだけだが、どんな訴えよりも熱く心に響く反戦映画。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ