レビュー一覧に戻る
人間魚雷回天

makimaki

5.0

若者たちの真実を

戦後10年しか経っていない1955年の作品です。 なので、より当時の方に近い雰囲気だったり、 言い回しなのかもしれません。 海中でのシーンなど、模型が明らかに模型で、シュールな感じなのですが、 そんなこと気にならないくらい、作品は秀作でした。 20歳前後の若者が、あんなものに乗せられて、死んでいかなければ行けない時代。 お国の為に。。愛する者のために。。と死んでいった彼等ですが、 生きたいと思う気持ち、それぞれの葛藤がこの映画にも描かれています。 出撃のシーン、潜水艦内のシーンなど、リアルに描かれていて、 緊張が伝わってきます。 回天に乗り出撃していくシーンは、 切なくて切なくて苦しくて、どうしようもなかったです。 見終わった後もいろいろ頭の中がぐるぐるで、涙が止まりませんでした。 私達は、たった60数年前にあった事実を知っていなければいけないと思いました。

閲覧数444