ここから本文です

人間魚雷回天 (1955)

監督
松林宗恵
  • みたいムービー 2
  • みたログ 36

3.59 / 評価:22件

特攻の裏側とむなしさを知る

  • jig******** さん
  • 2009年9月13日 8時39分
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

タイトルの示す通り
回天と言う名の人間魚雷が題材の作品ですが、
以前、広島の大和ミュージアムに行った時に
実物(原寸大模型?)を見ました。


潜水艦というには小さすぎ、
大きい魚雷という感じの回天でしたが作品を見ると、
速度計もついていないというおそまつな作り。
ハンドルをくるくる回転させて
操作していたところを見ると
舵の微調整なども手動で行っていた模様。


戦闘訓練で死亡する人数知れず
こんなおそまつな装備では実戦で戦えないだろうと
思うのですが、
回天に乗り込む男達の中には
気合と根性でカバーだと言わんばかりの人がいて、
しかも御国の為に死ぬと普通に言う姿がなんとも悲しい。
時代とはいえ、死を正当化する考えが普通になっている
環境が恐いです。


ただ、中には「俺は正直恐い、死にたくない」と
言っている人が居て実際口には出さなくとも
そういう考えを持っていた人はいたのかなと思いました。


万策尽きた日本が採った特攻という手法、
今後このような策が採用されることがないことを祈りたい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 勇敢
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ