ここに泉あり
3.7

/ 14

29%
43%
14%
0%
14%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(8件)


  • とみいじょん

    3.0

    生の感動を、人々に届けたい、その思い。

    山田耕筰氏だぁ!!!     (&ポニョ?:余談)  音楽の授業で習った偉人が、フィルムの中で動いている!!! それだけで、テンション上がってしまった。(うん、私、ミーハー(*’▽’)ゞ)  山田氏自身が、日本に常設のオーケストラを作るべく、奔走していたからか? 草の根運動。実話ベース。  人々に生の感動を届けたい!という思いと、地方都市に常設オーケストラをと奮闘したマネージャーや楽団員達の葛藤を描く。  終戦直後から始まる話。  だが、音楽と生活の両立、プロとアマ、地方に”埋もれる”という焦りと”中央”への憧れ、仲間との分断(新陳代謝)等、今のバンドや劇団に置き換えても通じる話。  ましてや、生の感動に触れ難い今だからこそ、映画の中での彼らの奮闘を応援したくなってしまう。  生活を立て直すのが最優先事項だった戦後直後。  令和の世、”不要不急”ではないと位置づけられてしまった芸術・芸能活動。  それでも、そうではないと奮闘する人々がいて、その思いに反応・応援する人々。  思いは、いつの世も同じ。  戦後の闇市があるような頃。とはいえ、高崎は焼け野原ではなく、それなりに、パーマ屋(美容院)等、戦前から戦後と、生活基盤は続いていたらしい。  資金稼ぎが主たる目的かつ情操教育を広めようと、出張演奏を繰り返す楽団。その成果もあって?後半、速水が指導する教室に、ヴァイオリンを習いに来る児童~少年・少女が何人も出てくる。  半面、  「彼らは、もう一生オーケストラを聞くことはないでしょう。炭を焼いて、一生を終えると先生が言っていた」そんな台詞が出てくる。映画公開時は、当然、出張演奏を続ける意義を確信する感動場面の一つだったはず。  そこから、現代を見据えれば、なんと時代が変わったのだろう。  確かに、陸の孤島と言われる地域はまだある。それでも、その気になれば、生の感動に触れに来ることは可能だ。あの頃高価だった車も、今は地域によっては一人一台。また、”推し”の為なら全国をまたにかけるおっかけも多数存在し、問題視されたり、おっかけの落とすお金を期待したりの時代になった。  職業は、どこに生まれるかで決まるのではなく、建前的には何にでもなれる時代になった。尤も、貧困問題他で、建前通りにいかないが。でも、それは山間だけの話ではなく、”中央”でも、どこでも起こること。  かえって、炭焼きは需要が少なくなり、かつ海外からの品に押されて廃業する人が多く、職業変更を余儀なくされる(『半世界』参考)。  社会の授業で習った戦後の歴史を実感として突き付けられたようだった。   映画の筋は感動的。  はじめはうまくいかなかった出張演奏だが、要所要所で、”生”の力を見せてくれる。  DVDの解説書によると、ハンセン病患者会から「実態と違って誤解を生む描写」とカットを要求されたが、直さなかったとか、そういう監督が”作った”シーンもあるが…。(「未来永劫~」の台詞は確かに実態と違う。他にはどこを指摘されたのだろう?)  とはいえ、音楽に聞き入る人々の姿は美しい。 だが、編集が悪い。  実際のオーケストラ等を使っているから切れなかったのか、聞かせたかったのか、間延びしてしまうところがある。  そして、最初の素人楽団での演奏と、玄人が集まって、人々を感動させるシーンの演奏の差がわからず。なので、最初の小学生たちと、終盤の小学生の態度の差の理由が今一つピンとこない。最初の学校でも、あのような演出すればよかったじゃないかと思ってしまう。これは私の耳の問題なのだろう。わかる方には違いが判るのであろう。  そしてラストが唐突すぎて、感動としらけ感とを行き来してしまう。実話ベースなのだから仕方がないのだが。  なので、感動話でさわやかなのだが、すっきりしない。 そんな中でも、役者がすごい。  MVPは東野氏。この映画だけだと際立っていない。でも、黄門様とも違う。『用心棒』・『赤ひげ』・『太陽の王子ホルスの大冒険』(声)等々、すべてにおいて違う人物になりきっている。しかも演技臭くなく、自然。七変化。  小林氏演じる亀さん。奥さんに対してひどすぎるのでは、甘えすぎなのではという場面もあり、決して好人物として描かれているわけではないのだが、小林氏が演じると、つい、与太話に乗ってしまいそうになる。  大滝氏も出演されているらしいが、私はどこにいらっしゃるのかわからなかった。映画初出演とか  草笛さんもわからず。演じられた役の名は出てくるが、どこに出演?  そして、ノンクレジットで、原久子さんや奈良岡朋子さん…。他にもどこかで見たような…。  古い映画はそんなところも楽しい。 《蛇足》 子どもたちのヴァイオリン合奏が、一瞬『崖の上のポニョ』に聞こえてびっくりした。私の耳はその程度です(笑)。 (台詞はすべて思い出し引用)

  • kt3********

    4.0

    ヒュ-マニズムも社会の流れ逆らえない。

     かって 日本には、ヒュ-マニズムに溢れた、あるいは、目指した時代があった。それは、高度成長の始まる前であり、現実生活は、厳しいが 弱者が方を寄せ合って生きていこうとした社会だ。もちろん どんな時代でも 狡猾な人間もいるし ひねくれ者もいる。  もう 解散 というオ-ケストラの存続を決めたのは、山間部の子供たちに演奏した後の感想だ。(この子供たちはもう一生音楽を聴く機会はない。炭焼きや木こりになるんだ)。そう思った主人公たちは、歯を食いしばってオ-ケストラを続ける。そこにあるのは そんな子供のために という信念だろう。  それを、ヒュ-マニズムというのかもしれない。また そんな 気持ちを善 とする価値感。  でも それって 上から目線。炭焼きや木こりに対する優越感。ピアニストにも上手い 下手があるのと同様に 上手い炭焼きと下手な炭焼きがいるだけだと思う。  善良な人間だけの社会は理想だけど息苦しい。ヒュ-マニズムはありがたいけど 人間のだらしなさ 悪い点に寛容な社会のほうが暮らしやすい。      なんて事を見ながら 少し 思った。  でも 良い映画です。戦後すぐの 貧しい社会もよく書けてます。  岸恵子は、本当に ピアノ弾いてるんでしょうか?うまいですね。   個人的に こんな映画は好きなんだけど 現代では うけないだろう。残念。    

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレオーソドックスな指揮方法だなあ~

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kih********

    5.0

    こんなに古い映画が、こんなに新鮮。

     何しろ古い。全編に雨が降る。本当の雨かと思うくらい。音楽映画なのに音が悪い。昔のSP盤を思い出す。それなのに、これほどに感動を呼ぶ。“古典”の至宝といえようか。  実在の大物音楽家が登場するのだから、それだけでも見る価値がある。しかし、主役は大物氏ではない。楽団員だ。必ずしも上々の力量とはいえないのだが、感動を呼ぶ。音楽性なり楽団設立の意義なり、他のレビューアーの皆さんと同じ感想だ。異論はない。  本筋とは関係のないことだが、―― (以下:高校時代の級友に宛てたメール)  …… 『ここに泉あり』という音楽ジャンルの邦画を観ました。この映画の終わりの方に、アッと驚く場面があります。我々が高校時代の3年間を過ごした寮と同じ建物が映るのです。およそ2分間。もう、それが懐かしくて、ここを何回も繰り返して観ました。  そのDVDの解説によると、これは旧兵舎の後利用で、引き揚げ者の住宅に使っていたものだそうです。そうでしょう。我々の寮も旧兵舎の後利用でした。こういうのは全国各地にあったことが分かります。おそらく、皆同じ構造だったのでしょう。  こういうのを見るにつけ、我々が育ったのは“戦後”の時代だったことが改めて実感されます。  もうひとつ、この映画で自分の“当時”を思い起こさせる場面があります。群馬交響楽団(の前進)が田舎回りをする際、最後の演奏地として訪問した最山奥の小学校の子どもたちです。クラシック音楽を生で聴く子どもたちの表情です。この中に自分が居るような気分になりました。私もきっとこういう顔をしていたんですよね。かなり年齢が重なってきましたが、時に、こういう具合に口を開けて眼が一転に座って、憧れたり驚いたりできるクリクリ坊主の少年のようでありたい、などと思いました。  もうすでに観ているかと思いますが、ちょっと衝撃的だったので、同級の“寮”友にメールした次第です。……

  • san********

    5.0

    脚本に感服

    加藤大介が塚地にみえて笑えた リメイク、みたいような、みたくないような 御婆さん女優の若い頃、これを見られるのがたまりません 山田耕作の眼力に、もう、釘付け 若い才能を助け育てる大人になりたいもんだわい 映画、一流の演奏、二度美味しい作品です 全国民に見てもらいたい

  • Kurosawapapa

    4.0

    日本初のオーケストラ映画☆

    自分の調べた限りでは、本作は日本初のオーケストラ映画(1955年製作)。 現在も活躍している “群馬交響楽団” の創立当時が描かれた作品です。 「高崎市民オーケストラ」として創設されたのが1945年。 本作は、1946年の物語として描かれています。 本作の公開によって、楽団は全国的に注目を集め、翌年には群馬県が全国初の「音楽モデル県」に指定、1961年には高崎市民の全面的な支援を受けて「群馬音楽センター」が設立。 これを拠点として、さらに幅広い活動が展開されたそう。 今井正監督は、日本初のオーケストラ映画を作るにあたり、 外国の音楽映画を多数鑑賞、演奏のカット時間などを研究したそう。 演奏は、シューベルト、チャイコフスキー、ベートーヴェンなど、名曲ばかり。 やはり感動を呼び起こす音楽の力は、多大なものがあります。 本作で描かれているのは、 終戦直後の衣食住にも困る時代に、交響楽団を “地方” で立ち上げたという功績。 方針や目標の違いによる仲間割れ、予算の枯渇など、 押し寄せる困難に苦しみながらも、 “市民と共に歩む楽団” への成長が描かれます。 バイオリニストに岡田英治、ピアニストに岸恵子、 2人が、お互いの演奏を通して心を触れ合わせるシーンは印象的。 ベース担当は加東大介、マネージャー役に小林桂樹、 現在ではベテランの大滝秀治は、映画初出演。 また、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団やレニングラード・フィルハーモニー交響楽団などを指揮した、著名な作曲家の山田耕筰が出演。 本作では、山田氏が作曲した名曲「赤とんぼ」も流れ、心が洗われる思い☆ 重い楽器を持って、トラックの荷台に揺られ、山道を歩き、沢を歩き、 山奥の学校、炭焼き場、療養所、どんな場所にでも出向き演奏を披露する。 当時は未知であった “人と音楽が結びついた生活” を実現させていきます。 ただ、 “苦難” と “成果” の反復によって、似たようなシーンに戻ってしまい、 ダイナミックな作品が多い今井映画としては、少々物足りなさも。 それでも、浮き沈みを繰り返し描いたところに、 リアルを追求する今井監督のこだわりがあったのかもしれません。 時として現実は厳しく、それを受け入れられなかったり、敗北を覚悟する者もいる、、、 強く生き抜く人間像に留まらない今井流のリアリズム。 紆余曲折、無理解な因襲や、経済的困難と闘いながら、 1つ1つ殻を打ち破っていくメンバーたち。 全ては歴史の積み重ねによって今がある、という実感を、 ズシンと感じさせる逸品です! ( IMAI:No7/18 )

  • ami********

    4.0

    ネタバレ昭和初期の音楽映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • to1********

    4.0

    一つの生き方

    見よう見ようと思っていた作品だったのですが、なかなか機会がなく、この度銀座シネパトスでやっていたので、ついに鑑賞しました。 まず、この作品への思い入れを。私は高崎出身です。小学校のとき、体育館で群響の移動音楽教室を聴いた記憶があります。ただ、あいにく憶えているのは演奏の内容ではなく、皆で騒ぎ出して、演奏が中断され、ステージの上から注意された出来事です。楽団員の方の悲しそうな顔とお言葉が印象に残っています。この映画のオープニングと全く同じような感じだったので、恐らく各地で同様の出来事があったのでしょう。正直言って小学生にクラシックは縁遠いものだったことは確かですが。 映画の中身ですが、まず、スクリーンがほぼ正方形(!)なので、映画館で観られるときは、なるべく前の方で見たほうがよいです笑。物語は、岡田英次さん演じる主人公(わけあって高崎にたどりついたバイオリニスト。その腕前はプロ級(実際プロ)ながら、同胞の楽団員は完全にアマチュア。自分の求める演奏水準とのギャップに唖然とし、仲間と衝突し、悩む日々が続く。)、岸恵子さん演じるヒロイン(ピアニスト。彼女も自分の追いかけるべき夢と現実の環境に思い悩み、だんだん暮らしにまみれていく。)、小林桂樹さん演じるマネージャー(国民文化の向上という崇高な理想を掲げながら、移動音楽教室を中心に県内を楽団員とともにくまなく巡るが、実入りは少なく、常に困った表情。ただ、情熱は消えず、自身の財産を崩してまで楽団の存続に賭ける。)の三人を中心に展開していきます。 文化よりも日々のメシ、だった当時には、やや早すぎた挑戦だったのかもしれません。しかしながら大ホールでの有名指揮者による在京楽団との合同演奏会のシーンよりも、移動音楽教室で訪れた学校、施設、鉱山等での人々の純粋に音楽を欲する表情、様々な曲(草津節、八木節もあり!)をうれしそうに聞き入る表情の描き方の方が心に染み入るのはなぜか、それこそがこの映画、そして現在までつながるこの楽団の本質ではなかろうかと思った次第です。 なお、施設での演奏シーンは、観たときにはよくわからなかったのですが、ハンセン氏病の患者の施設ということです。そういった時代背景、基礎知識も知っていると、より深く堪能できるのではないでしょうか。 その他、先に書いた有名指揮者とは山田耕筰氏で、当のご本人が(!)、結構ポイントとなる役柄を演じていらっしゃいます。 最後に、個人的に思った本作品の最高の名場面は、年末恒例の某交響曲に優るとも劣らない、某童謡の演奏・合唱シーンであったことを申し添えます。

1 ページ/1 ページ中