レビュー一覧に戻る
ここに泉あり

kt3********

4.0

ヒュ-マニズムも社会の流れ逆らえない。

 かって 日本には、ヒュ-マニズムに溢れた、あるいは、目指した時代があった。それは、高度成長の始まる前であり、現実生活は、厳しいが 弱者が方を寄せ合って生きていこうとした社会だ。もちろん どんな時代でも 狡猾な人間もいるし ひねくれ者もいる。  もう 解散 というオ-ケストラの存続を決めたのは、山間部の子供たちに演奏した後の感想だ。(この子供たちはもう一生音楽を聴く機会はない。炭焼きや木こりになるんだ)。そう思った主人公たちは、歯を食いしばってオ-ケストラを続ける。そこにあるのは そんな子供のために という信念だろう。  それを、ヒュ-マニズムというのかもしれない。また そんな 気持ちを善 とする価値感。  でも それって 上から目線。炭焼きや木こりに対する優越感。ピアニストにも上手い 下手があるのと同様に 上手い炭焼きと下手な炭焼きがいるだけだと思う。  善良な人間だけの社会は理想だけど息苦しい。ヒュ-マニズムはありがたいけど 人間のだらしなさ 悪い点に寛容な社会のほうが暮らしやすい。      なんて事を見ながら 少し 思った。  でも 良い映画です。戦後すぐの 貧しい社会もよく書けてます。  岸恵子は、本当に ピアノ弾いてるんでしょうか?うまいですね。   個人的に こんな映画は好きなんだけど 現代では うけないだろう。残念。    

閲覧数373