ここから本文です

渡り鳥いつ帰る (1955)

監督
久松静児
  • みたいムービー 1
  • みたログ 14

4.11 / 評価:9件

戦後の東京の娼館での人情劇

  • SABAKU さん
  • 2015年9月26日 22時50分
  • 閲覧数 476
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

2015/09/22、川崎市市民ミュージアムで鑑賞。
昭和27年、売春防止法が施工される前の東京の下町の娼館での人情劇です。DVDも出ていないようなので、貴重な機会に観に行きました。
森繁久彌が若い、髭もないし最初に出てきた時、気が付かなかった。浦辺粂子さんもでていましたが、こちらは当時52歳くらいかな?すでにおばあさん顔でしたw高峰秀子は当時客を呼べる女優として出演したようですが、なかなかどうして汚れ役を見事に演じています。
娼婦している女も、それを管理する側も客もいろんなのが出てきますが、清濁合わさっていてそれぞれ人間味があっていいですね。
森重久彌が演じる伝吉がロクでもないんですが、調子に乗った挙句、最後悲惨なことになるんですね。そんなに悪人というわけじゃないんですがね。
民主主義という言葉がなんかよく作中で使われているのですが、どこか皮肉っぽいんですよね。こういう底辺の暮らしの人たちには虚しいお題目のように聞こえていたんですかね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ