ここから本文です

続・宮本武蔵 一乗寺の決斗 (1955)

監督
稲垣浩
  • みたいムービー 2
  • みたログ 39

2.78 / 評価:9件

解説

 稲垣浩監督、三船敏郎主演による「宮本武蔵」三部作の第二作目。前作同様、吉川英治の同名小説を劇作家の北条秀司が劇化したものを、稲垣浩と若尾徳平が脚本化した。音楽も前作に引き続き團伊玖磨が担当。  鎖鎌の達人である宍戸梅軒との戦いで二刀流を開眼し勝利を収めた宮本武蔵は、そのまま京への道を進んでいった。お通と朱美はそれぞれ武蔵を追っていたが、彼と吉岡道場との争いに巻き込まれてしまう。吉岡伝七郎は兄の清十郎が朱実を辱めたことを知り激怒、武蔵を討つべく出かけるが、逆に武蔵に斬られ命を落としてしまった。清十郎は弟の仇討ちのため武蔵を一乗寺下り松に呼び出すが、吉岡道場の弟子たちは先回りして武蔵をだまし討ちにしようと身構えるのだった。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ