ここから本文です

遠い雲 (1955)

監督
木下恵介
  • みたいムービー 0
  • みたログ 24

2.56 / 評価:9件

解説

 木下恵介が松山善三と共同で執筆した脚本を監督。飛騨高山で繰り広げられる大人の恋愛模様を描く。二人の男から愛されるヒロインを高峰秀子が見事に演じ上げている。  東京で林野庁に勤める石津圭三は、休暇を取って飛騨高山に帰省した。圭三には冬子という恋人がいたが、彼女は家のために市会議員の息子と結婚し、夫を亡くした後は夫の実家で一人娘と暮らしていた。夫であった寺田敏彦の命日に、圭三と冬子は再会する。久々の再会に圭三の心は揺れる。敏彦の弟である俊介は、冬子と結婚したいと父親に伝え、金沢出張に出発した。圭三は木下と名乗る男から、冬子との間を暴露すると脅迫される。冬子もまた、北村から圭三との仲を敏彦の両親に暴露されていた。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ