ここから本文です

お父さんはお人好し (1955)

監督
斎藤寅次郎
  • みたいムービー 2
  • みたログ 7

3.83 / 評価:6件

安心できる懐かしい笑い

朝ドラで浪花千恵子の生きざまと出演作品を詳しく知り、営業している大阪九条のミニシアターで鑑賞。

オロナイン軟膏のCMでしか知らない世代なので、昭和30年公開のこの作品は当然初見でした。浪花千恵子だけでなく、花菱アチャコ、益田キートンなど当時の喜劇人の躍動した姿を見ることができて本当に良かったです。
五女の静子役が少女時代の中村玉緒、唯一のミュージカルシーンで可憐な踊りを魅せてくれました。アチャコの歩き方は坂田利夫に影響を与えているのも確信しました。しゃべくりは安定していてちゃんと笑えます。

大家族の人情モノと言ってしまえばそれまでですが、喜劇でありながら家族の悲哀を描く秀作です。ひねくり回した現在のエンタメ作品よりも素直に楽しめました。

16mmフィルム上映もまた良い味を出していました。
おそらくプリントは新しいものです。ノイズや音飛びなど少しはありましたが、人工的に化粧を施したようなデジタルリマスターよりもむしろアナログの魅力を感じました。カラーなら退色していたと思うので古い映画は白黒作品の方がむしろ良いのかもしれません。

朝ドラのメンバーでリメイクして欲しいものですが、国営放送局の方いかがでしょうか?
時代設定は昭和30年のままで良いので、あの大家族をもう一度見たいです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ