レビュー一覧に戻る
風雲三條河原

kin********

3.0

ザ・時代劇

人斬り以蔵と呼ばれた男の、足軽出身であったがための苦難を描く。女のために仲間を裏切り、その母と娘の前で頓死するという、作りすぎの劇的状況はクサいけれど、大向こうを唸らせる大衆演劇の流れをくんだものなのでしょう。  娯楽作としてツボは外さないプロの仕事、という感じです。言い換えると古臭く類型的。脚本演出撮影技術演技と、全部が撮影所映画の標準作という印象です。   山根寿子がヒロインの位置にいますが、私にはただのおばさんにしか見えませんでした。島田正吾は最初田村高広かと思いました。後年の貫禄ある爺さんの面影はない二枚目です。

閲覧数169