ここから本文です

くちづけ (1955)

監督
筧正典
  • みたいムービー 2
  • みたログ 9

4.29 / 評価:7件

戦後十年でこのような映画が作られていた。

  • sho******** さん
  • 2009年8月24日 21時29分
  • 閲覧数 375
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ケーブルテレビで観賞しました。オムニバスの三部作で一番目の「くちづけ」を別のことをしながら観ていたら舞台の大学が母校らしかったので、そこから集中して観ました。なんか無理やり明るくふるまっているような男子学生、女子学生に好感が持てました。物語はよくある平凡な展開でですが、ひとつだけこれはというフレースがありました。女子学生がいいます。「女というのは実生活では男性以上に生々しい生き物なの。だからその分尚更ロマンチックなものを求めるのよ」そうか!それで少女漫画の女子は眼の中に星が大マゼラン星雲のように瞬いていたり背景にやたらと花屋の店先でもないのに花が咲いているのか。勉強になりました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ