ここから本文です

大脱走 (1963)

THE GREAT ESCAPE

監督
ジョン・スタージェス
  • みたいムービー 539
  • みたログ 3,463

4.40 / 評価:1103件

見た時の年齢で印象が変わる

  • beautiful_japan_xp さん
  • 2021年5月5日 22時42分
  • 閲覧数 520
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

子供の頃、TVで『コンバット!』が何度も再放送されていてた。『特攻ギャリソン・ゴリラ』も面白かった。映画では本作と『史上最大の作戦』が有名だった。アメリカ兵は気さくで陽気、ドイツ兵は残忍で恐いと思った。
本作に戦闘場面はないものの、ハラハラドキドキしながら見た。駅で脱走捕虜のエリック(デヴィッド・マッカラム)を射殺するゲシュタポの姿が印象に残った。

大学生の時に見た印象はかなり違った。連合軍捕虜の振るまいがだらしなく見え、ドイツ軍の規律正しい態度に好感が持てた。
さらに年を取ってから見ると、アメリカ兵と思っていた連合軍捕虜のほとんどがイギリス兵だと気づいた。また脱走捕虜の心理面に目がいった。目が見えなくなったコリン(ドナルド・プレザンス)の脱出を手助けするアンソニー(ジェームズ・ガーナー)は優しい。トンネル掘りの名人なのに閉所恐怖症のダニー(チャールズ・ブロンソン)がトンネル内でパニックになったのを、励ましながら脱走するウィリーの男気も見事。

セジウィック(ジェームズ・コバーン)がいたカフェで、ドイツ人将校たちがレジスタンスに襲撃されるシーンと、ゲシュタポに拘束された50名の脱走者が護送の途中で全員射殺されるシーンは、いつ見ても強い印象を受けた。スティーブ・マックイーンのバイク運転技術は素晴らしい。
犠牲の大きさを考えると、ドイツ軍の後方かく乱を目的とする250名もの集団脱走は、本当に必要だったのだろうかと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 恐怖
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ