ここから本文です

青銅の基督 (1955)

監督
渋谷実
  • みたいムービー 1
  • みたログ 10

3.17 / 評価:6件

五十鈴ねぇさんが粋です。

  • spok70 さん
  • 2008年6月4日 20時14分
  • 閲覧数 606
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

香川京子さんの瑞々しさもとてもいいのですが、山田五十鈴ねぇさんの粋の良さが光る作品です。
いい女だけど横恋慕で最後は軽はずみな発言の責任とそして惚れぬいた男の作った鋳物を踏めずに死を選ぶねぇさん。
モノクロの映画ですが、ねぇさんの着物のあでやかさが際立っています。
それに比べ、モニカ(香川さん)を好きだ好きだと言っていた鋳物職人の男性は非常に往生際が悪く、モニカが潔く死を選んだのに対し、その惚れた女の目の前でとんだ醜態をさらしてしまいます。それでも『好いておりました…』と十字架でつぶやくモニカ。悲恋です。

作品そのものについては、今まで数本キリシタンや踏絵などを題材にとりあげた作品を観て来ましたが、本作品を今までで一番良かったように思います。

でもいつも思うのですが、あの頃のニンゲンというのは純粋なんですね。
現代であれば踏絵を置かれても踏んでしまうのではないかと思いますが…。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ