ここから本文です

あばれ振袖 (1955)

監督
萩原遼
  • みたいムービー 0
  • みたログ 2

未評価

解説

 高木彬光の同名小説を「悪太郎売出す」の八尋不二が脚色し「続獅子丸一平」の萩原遼が監督を担当。中村錦之助がお家騒動に巻き込まれる美剣士を演じた。  相馬家の当主である重胤が重い病に見舞われ、外村伝右衛門の陰謀派は妾腹の子である新之助を相馬家の世継ぎにしようと画策していた。そのためには重胤の御落胤である柳太郎を亡き者にする必要がある。柳太郎は神田明神の境内で刺客に襲われるが、叔父で吹き矢の名手である蜘蛛六の助けを得て事なきを得た。しかし柳太郎の居所である日満寺も刺客に襲われ、日海和尚が命を落としてしまう。日海和尚は死ぬ直前、お墨付きを入れた仏像は国元の日念和尚が持っていると告げた。陰謀派は柳太郎と左文字内匠を富士見稲荷に呼び出し…。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ