ここから本文です

怪盗と判官 (1955)

監督
加戸敏
  • みたいムービー 0
  • みたログ 4

1.00 / 評価:1件

解説

 「生きものの記録」の小国英雄によるオリジナル脚本を「いろは囃子」の加戸敏が監督した。1938年の「弥次喜多道中記」のリメイクで、市川雷蔵が遠山の金さんを、勝新太郎が鼠小僧次郎吉をそれぞれ演じた。  有名な怪盗の鼠小僧次郎吉は江戸を追われ東海道を下っていた。旗本の長男である遠山金四郎は弟に家督を譲るため家を出た。二人は箱根山中の茶店で一緒になり、五十三次を旅する弥次郎兵衛と喜多八と笠を取り違えたことから、宿でひとつの部屋に通されてしまった。意気投合した二人は、そのまま一緒に旅をすることに。だが次郎吉を追って、女スリのおれんと目明かしの伝七が近づいていることに、二人はまだ気づいていなかった…。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ