ここから本文です

復讐浄瑠璃坂 第二部 暁の血戦 (1955)

監督
二川文太郎
並木鏡太郎
  • みたいムービー 0
  • みたログ 1

4.50 / 評価:2件

嵐勘寿郎vs大河内傳次郎!

  • bakeneko さん
  • 2011年7月12日 13時45分
  • 閲覧数 150
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

「復讐浄瑠璃坂」の第2部で、両家の参謀となる嵐勘寿郎と大河内傳次郎の活躍と対決の決着が見所であります。
女優陣は何と言っても若い中村玉緒と扇千景が華やかで、緊張した対決に華を添えています。
第一部での“痛み分け”から続く対決は、敵の本拠地探しの計略合戦が大半を占めた後にクライマックスの討ち入りに成りますが、家に入ったらまず柱に“灯りを打ち付ける”等の実戦的な描写が緊迫感を盛り上げてくれます。また、実際には“子供や老文官”まで殺傷した赤穂浪士の場合と異なって、非戦闘員や老人には手を出さないフェアな描写も潔い愉しさを見せてくれる合戦展開は、後年の集団殺陣よりも冷酷さが薄らいでいます。
そして、2大豪傑の対決の場面はやはり圧巻で、きちんと決着が着く見事な殺陣に見入るのであります。

“忠臣蔵の設定で、両方が互角の戦力&対決姿勢だったらこうなる!”―という作品で、大半の方が筋を知らないと思いますので新鮮な展開ににハラハラ出来ますよ~。


ねたばれ?
1、武家同士が秘策を凝らしても見つけられない相手の住所を易々と見つけて乗り込むヒロイン達って..(やはり女に隠し事は出来ないのね!)。
2、で、その後主人公とヒロインはどうなったの?
3、劇中ではあまり詳しく語られませんが、仇側に“えこひいき”手助けする“旗本の大久保家”とは大久保彦左衛門のことです(体育会系同志で馬が合ったんだろうな~)。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ