ここから本文です

ビルマの竪琴 第一部 (1956)

監督
市川崑
  • みたいムービー 10
  • みたログ 138

4.00 / 評価:24件

映画っていいですね(*^_^*)

  • itumokireideitaituma さん
  • 2008年3月12日 15時40分
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

絶対お勧めの感動作です。戦争中の映画は多く観ましたが戦後の日本兵の方々を描いた作品を観たのは初めてです。世界のあちらこちらに散らばった日本兵が戦争が終わったにもかかわらず、すぐには日本に帰れず、どんな気持ちでどんな状況に置かれていたのかよく描かれていました。

彼らの疲れた体と心を癒したのは、ある一人の兵士の弾く竪琴の音色にあわせて歌うことでした。
その音楽が本当に素晴らしい。
音楽って時代や国境を越えてもいいものは感動できるものです。

昔の映画なので俳優さんは三國連太郎さんしかわかりませんでした。
こんなに男前だったんですね。
自分が生まれる15年以上前の映画でここまで感動できるとは・・・
いやぁ~ホントによかったです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ