ここから本文です

ビルマの竪琴 第一部 (1956)

監督
市川崑
  • みたいムービー 10
  • みたログ 137

3.96 / 評価:23件

解説

 竹山道雄の同名小説を和田夏十が脚色し市川崑が監督したドラマ。音楽は伊福部昭が担当。一ヶ月遅れで第二部も公開された。ヴェネチア国際映画祭ではサン・ジョルジョ賞を受賞している。1985年には主演に石坂浩二と中井貴一を迎え、市川崑自身がリメイク版を監督した。  ビルマにいた日本軍は、国境を越えてタイへ敗走しようとしていた。水島上等兵は現地の斥候に変装し、井上隊長が率いる小隊を国境近くまで移動させていた。しかし国境近くで日本の敗戦を知った彼らは、武器を捨て、南のムドンへ送られることとなる。水島だけは米軍の要請により、いまだに抵抗し続ける日本軍の説得に向かうため、隊を離れた。水島が行方知れずとなったある日、井上小隊は水島によく似たビルマの僧侶とすれ違う。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ