レビュー一覧に戻る
風船

風船

110

ami********

4.0

一人一人になりきれますね

目が覚めたら、そこに見える景色が美しいでしょ? 生きてるって幸せ・・・ とても可愛らしい娘珠ちゃん が、自分を殺め・失敗し苛まれる愛人久美子を慰める。 そんな可愛らしくも美しい場面があり、、、 カメラ会社で成功したが、・・・まあ、色々あって 老後に京都の小さな部屋で絵描きをすると、全てを 捨てて決心するも、確執のある女房には反対され、後の 人生を共にしてくれず、可愛い娘珠ちゃんにも・・・ そんな白髪初老の父親春樹。 新しい愛人に現を抜かしている間に、自分の元愛人久美子が 自殺を図り、挙句に・・・ そんな甘えた生活に釘を刺され、自分で生きていくことを 決心する息子。 その一人一人(父親・息子・娘・元愛人・愛人・そしてもう一人) にいつの間にかなりきって考えてしまうような作品です。 ちなみに私が見ている昭和初期の映画ではお馴染みの俳優が多い 中で、始めた見たのが、あの石原裕次郎さんの奥さん!北原三枝さん それと、うちのカミサンが見つけたのですが、衣装デザイナーが あの森英恵! そして、主役の父親の役名が「村上春樹」! ・・・ ってこれはどうも関係なさそうで。。

閲覧数497