ここから本文です

愛情の決算 (1956)

監督
佐分利信
  • みたいムービー 0
  • みたログ 5

4.00 / 評価:3件

解説

 今日出海の小説『この十年』をもとに「見事な娘」の井手俊郎が脚本を書き、佐分利信が前年の監督作「心に花の咲く日まで」に続き監督と主演を務めた。撮影は「決闘巌流島」の山田一夫、音楽は「暗黒街」の團伊玖磨。  息子の誕生日を祝うため、楢崎雄吉は息子の弘を連れてレストランで食事をした。その帰り道、二人は母の勝子が男と連れ立って歩いている現場に遭遇。雄吉はその夜、勝子から別れ話を切り出される。十年前、フィリピンで自分の部下だった田口が亡くなったことから、雄吉は田口の妻である勝子と再婚、彼女と一人息子の弘を家族として迎えたのだった。だが戦友の吉野が家族を連れて雄吉の家に転がり込んできた上、雄吉自身は脚の怪我が原因で仕事を失ってしまう。やがて勝子は雄吉の部下だった大平と結ばれ…。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ