ここから本文です

妻の心 (1956)

監督
成瀬巳喜男
  • みたいムービー 3
  • みたログ 42

3.69 / 評価:13件

三船敏郎が浮いている

  • eigaeiganaya さん
  • 2009年7月16日 17時26分
  • 閲覧数 583
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

女は気分によって態度が変わる。
その表現方法、演出が秀逸で、監督は洞察の天才。

居候で、家族がギスギスしたり、旦那が浮気をしたり
家族のどこでもありそうなもめごとをいきいきと描いている。
あんな頼りなくて、冴えない旦那にも妻は嫉妬するから
人間て面白いですね。

風景や撮影方法が寅さんに少し似ている。

ただ、三船敏郎の銀行員にしてはガタイがよすぎるし、人が良すぎる印象。
ミスキャストか演出不足か。。。。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ