レビュー一覧に戻る
大統領の陰謀

大統領の陰謀

ALL THE PRESIDENT'S MEN

138

mht********

5.0

ネタバレ何度見てもよくわからないのは当たり前w

本ヤフーレビューでも何人かの方が仰られている通り、前提知識がないとさっぱりわからない映画です。 その要求される前提知識は、知ってて当然レベルで要求され、名前しか出てこない人物もいっぱい出てきたりしますから大変です。私は数回鑑賞していますが、名前覚えるのが苦手だからかなぁ?などと思っていましたけど、そうではなくて、この映画、ウォーターゲート事件でニクソン大統領が辞任するのとほぼ同時期に公開されているわけで、当時は旬な映画であり、アメリカなんかだと知っていないとおかしいレベルなわけですね。事実上アメリカ歴史始まって初めて弾劾された(実際には弾劾されず辞任だけど)大統領ですしね。 でも話がそんなにわからないのに何度も鑑賞してしまうほどにこの映画が好きなのは、ロバート・レッドフォード、ダスティン・ホフマンをはじめとする俳優の演技が素晴らしいからだと思います。演出含めていい感じなんですよね。 特に、ロバート・レッドフォードがワシントンポストのだだっ広いオフィスの中で6分間の長回しカットとして電話するだけのシーンは、何度見てもいい。ただ電話しているだけなのに、ぐいぐい引き込まれてしまうという不思議なシーンです。間違えてはいけないのに、名前を間違ってしまうという箇所がありますが、これがリアリティ感を非常に出していたりするのですけど、実はロバート・レドフォードが本当に間違えたらしく、それをそのまま使っているそうです。 ラストもまたよくて、事件が解決されないまま、負けたまま終わるような感じに見えて、でもその二人の記者はニクソン大統領の再戦を伝えるテレビ放送が流されるオフィスで二人タイプライターを打っている。でテロップだけで後に関係者は逮捕されニクソンが辞任したと流れる。これも当時はやった手法らしいですけど、こういう普通にスキッとしない終わりかたって、好きです(笑) アクションもなく、ラブシーンもなく、主役たちの生活感すらない映画ですけど、そこがかえっていいんですよね。

閲覧数4,691