レビュー一覧に戻る
大統領の陰謀

大統領の陰謀

ALL THE PRESIDENT'S MEN

138

fiv********

5.0

ネタバレ観る前にある程度知識が必要!

この作品は、観る前にある程度の知識が無いとせっかくの面白さを楽しめない。 少なくともウォーターゲート事件のような地味な事件でなぜ世界一の権力者であるアメリカ大統領が辞任に追い込まれたのかと言う程度の疑問を持った上でこの作品を観て欲しい。 まず物語は、ウォーターゲート事件のキーパーソンの一人の名前が登場する。 その人物の経歴を調べるとぞっとする。 なんと彼は、事件発覚10年前にCIAの諜報部員でキューバに潜入していた人物である。 その時期は、まさに「キューバ危機」の真っ只中。 この時代にキューバに潜入していたCIA諜報部員はその三年後に起こる大事件への関与が取り沙汰されている。 その大事件とは、ケネディ大統領暗殺事件である。 そのあたりは映画「JFK」で詳細に描かれているので合わせ観て欲しい。 そして何よりも興味深いのは、この二本の映画はそれぞれの事件の背景に同じ構図の国家組織が存在する犯罪と結論付けている。 そしてその中心にいるのがニクソン大統領その人である。 そしてもう1つウォーターゲート事件を語るには欠かせないのがペンタゴン・ペーパーズ漏洩事件。 こちらも映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のラストシーンを覚えている方も多いと思うが、ウォーターゲート事件が発覚するきっかけとなる民主党本部に盗聴器が仕掛けられるシーンでこの作品の幕が閉じられる。 実はワシントンポストにとって一連の事件であることを示唆している重要なシーンである。 この三本の映画には、第二次世界大戦後アメリカ合衆国にはびこった黒歴史がふんだんに詰まっているので是非関連付けて観て欲しい。

閲覧数4,741