ここから本文です

花頭巾 (1956)

監督
田坂勝彦
  • みたいムービー 0
  • みたログ 3

未評価

解説

 村上元三の同名小説をもとに「火花」の衣笠貞之助が脚色し「喧嘩鴛鴦」の田坂勝彦が監督したオールスター時代劇。本作では原作の途中までしか描かれず、残りは同じ年に公開された後篇「続花頭巾」へと引き継がれた。  琉球王国を取り仕切っていた按司金丸一族は、竜ヶ瀬逸当や津築権兵衛の率いる大軍に襲われ、次女の由美と従者の朱童子のみを残し皆殺しにされてしまった。堺で成長した由美は仇討ちを決意、大隅屋与兵衛の邸宅を急襲するが、与兵衛を自害に追い込んだものの、自らも傷を負ってしまう。たまたま通りかかった町道場師範代の矢波弦太郎が由美を助け、彼女の身分と過去のいきさつを知るのだった。そんな二人の目の前に、久米寺舜馬こと琉球族の舜王子が現れ…。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ