ここから本文です

阿羅漢(あらはん) (1986)

南北少林/MARTIAL ARTS OF SHAOLIN

監督
リュー・チャーリァン
  • みたいムービー 12
  • みたログ 234

3.88 / 評価:42件

蟷螂拳ファン必見!

  • roots0630 さん
  • 2007年8月21日 1時42分
  • 閲覧数 1026
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

カンフーブームがやや食傷気味となってきた80年代半ば。
ジェット・リーをはじめとする、本物の拳士達がバシバシ登場し、「まだまだぁ!ホンモノのカンフーを見せたるぜえ!」という気合がものすごく伝わってきます。

それにしても「少林寺」をはじめとして、彼らはホンモノの拳士であり、役でわざわざカンフーを習ったわけではない。
にもかかわらず、そこそこの演技ができるってのもスゴイことですよ。
しかも日本の時代劇同様に、すべて「殺陣」の形が決まってるという。

あんなスピードで数分間ずっと戦っているのが「型」だとは到底思えないほどの素晴らしさであります。

「少林寺」も圧巻ではありましたが、さらにバリエーション広く様々な拳法をみることができます。

特筆すべきはやはり師匠の「蟷螂拳」(とうろうけん)。
カマキリをモチーフにした象形拳で、他のカンフー映画などで見たことがある方も多いでしょう。
この師匠の蟷螂拳はホンモノの動きですよ!!
両手首をクイっと曲げてちょっとユラユラする姿なんぞはもう、シビレまくりです。

お話は、時の皇帝の圧制に苦しんでいた住民や拳士たちが、一念発起して皇帝軍に立ち向かう、という単純明快ストーリー。

現在ハリウッドで活躍するジェットリーの原点がこの映画にもあります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ