ここから本文です

わが町 (1956)

監督
川島雄三
  • みたいムービー 1
  • みたログ 46

3.56 / 評価:16件

南十字星を見ながら死んでゆく主人公

  • moe******** さん
  • 2014年5月20日 1時48分
  • 閲覧数 1100
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

川島雄三が、こよなく尊敬する小説家「織田作之助」作品の映画化2回目のものである。
「帰ってきた男」でデビューした川島雄三、実は川島がデビューするとき、オリジナル作品を松竹からすすめられたが、川島はこれを断り、織田作之助氏にシナリオをお願いした。川島と、織田作之助の親交は、このデビュー作品からスタートしている。
「わが町」主人公のベンゲットのターやんは、「暴力でしか愛情表現できない」アバンな人間をモデルにしている。
出演者すべて、関西へロケに赴き、すべて関西弁をマスターした。
プラネタリウムで、南十字星を見ながら、フィリピンでの仕事に思いをはせながら死んでいく「ベンゲットのターやん」後で、このラストは他の映画/テレビ作品で利用された。
この作品ロケ中に、南田洋子氏は、川島雄三監督に「愛の告白」を行なうが、川島監督には、実は内縁の妻がいることがわかった。
南田氏は、ショックを受けたのみならず、川島組メンバー(今村昌平、浦山桐郎、小沢正一等)にもショックを与えた裏話がある。
川島作品としては、かなりまとまった作品だ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ