ここから本文です

(1956)

監督
川頭義郎
  • みたいムービー 3
  • みたログ 14

4.00 / 評価:11件

解説

 楠田芳子のオリジナル脚本を川頭義郎が監督した。楠田は木下恵介の実の妹、川頭は木下の愛弟子、そして音楽を担当した木下忠司は木下の実弟である。五社協定時代、大映専属だった若尾文子が出演した唯一の松竹作品。  楽器工場で女工として働く山崎志津子には、同じ会社の磯部雄二という恋人がいた。しかし志津子の父は前科者で、母はそれが原因で自殺、兄の信也はふしだらな生活を送っていた。そのため雄二の両親に結婚を反対されている。雄二の兄から「弟と付き合うな」と言われた志津子は見合いの話を進め、見合い相手の守の物静かな態度に惹かれて結婚を決意。別れを告げるべく雄二に会いに行く。雄二は志津子の決意を感じ、結婚記念として貝殻を渡すのだった。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ