ここから本文です

流れる (1956)

監督
成瀬巳喜男
  • みたいムービー 37
  • みたログ 180

4.24 / 評価:66件

川面を漂う小舟のように

  • あでゅ~ さん
  • 2008年9月6日 23時23分
  • 役立ち度 17
    • 総合評価
    • ★★★★★

銀色に光る夏の隅田川の
川面を漂う小舟のように

どこまでも続く
ゆるやかで心地よいテンポ

ときに高波に揺られ
ときに嵐に濡れながらも
どこまでも
どこまでもと
漂ってゆく物語

そんな映画でした

絵と絵のつながり
場面の流れのなめらかさ
映画全体を包むゆるやかなテンポ感が
成瀬美学の快楽なら

この映画はホントにその極致
せつなくて哀しくて なぜか爽快なんです

耐える芸者屋おかみの
山田五十鈴さんの美しさと

気の強い娘の
高峰秀子さんの凛々しさと

愛嬌たっぷり芸者の
杉村春子さんの小気味のよさと

粋のいい若手芸者の
岡田茉莉子さんのみずみずしさと

そんな女たちを揺さぶる姉の
栗島すみ子さんの貫禄と

そして
そのすべてを見つめる女中の
田中絹代さんの清々しさと

そうそうたる女優たちが
その柄といい気品といい
絶妙なバランスで配されいて

その芸と感情の波間を
選り分けてまとめ上げる
カットワークのテクニックは
百戦錬磨の船乗りのそれ

観ている私たちのこころに
さざ波や逆波を起こしながら
何かが流れてゆくのです

着物も洋装もステキ

山田五十鈴さんの三味線も必見で
思わずうなっちゃいます スゴイ

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • 切ない
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ