ここから本文です

おしどりの間 (1956)

監督
木村恵吾
  • みたいムービー 0
  • みたログ 2

3.33 / 評価:3件

女って,気の無い男には残酷だよなあ

  • bakeneko さん
  • 2012年12月5日 7時51分
  • 閲覧数 233
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

山田五十鈴と嵯峨三智子の母娘共演が見どころの小品で,母親の恋人が不満で家出した娘が連れ込み宿で女中をするうちに世事と男女の機微を理解するようになるお話で,16歳の嵯峨の初々しさを核として,豪華&芸達者な役者達が人間模様を見せてくれる”人間ドラマ”であります。

少女ならではの潔癖症の娘が世間を垣間見ることに依って母親を理解するようになるまでを描いた一遍で,実際の母娘である山田と嵯峨の息の合った共演はもとより,女中仲間の塩沢とき(このころは登代路)の捌けた姐さんぶり,上原謙の気弱なダンデイさ,淡路恵子の肉食系女性,中田康子の艶やかさ,千秋実の俗っぽさ等,豪華共演が楽しめます(その中でも,嵯峨に恋心を見透かされて便利にこき使われる仲代達矢に同性として涙!)。
ちいさな波紋を描いた小粒な作品で,まだまだ続いて行きそうな場面で終わりが出てきて驚くエンデイングまで一気に見せる映画であります。

ねたばれ?
アルサロとは「アルバイトサロン」の略で,今のキャバレー(キャバクラ)の昔風の呼び名であります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ