無料配信

人間魚雷出撃す

86
人間魚雷出撃す
3.2

/ 10

10%
0%
90%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(2件)

勇敢28.6%悲しい14.3%パニック14.3%泣ける14.3%絶望的14.3%

  • inv********

    5.0

    真夏のオリオンの原作と同じ題材

    一体、どこをどういじくれば、ああいうストーリーになるのか首を傾げる。要は、原爆輸送戦艦インディアナポリスを撃沈した潜水艦イ-58の話。だが『雷撃深度一九・五』と違うのは、インディ号撃沈はあくまでストーリーの一部でしかなく、搭載兵器「回天」の活躍にスポットを当てている点。原作は小説ではなく、そのイ-58の元艦長が書いた実録『イ-58帰投せり』がベース。白黒だが潜水艦内部のセットはかなり大掛かりで、計器類は本物にしか見えない。内壁のディテイルも凝っている。 会敵する度、回天搭乗員の石原祐二郎や津川雅彦が「私にやらせて下さい」とやる気満々で出撃を申し出る。誰も死を恐れない。元回天母艦の艦長が書いた本が基になっててそうなんだから、嘘ではないのだろう。我々が想像する死に怯える特攻隊員とは全然違う。ただ回天は水圧に弱く、母艦が爆雷攻撃を受けてもあまり深く潜れなかったようだ。せいぜい深度30まで。それで回天もろともやられる潜水艦が多かった。駆逐艦ごときを相手に回天(1トン爆弾)を使うのは勿体ないらしい。だが、母艦を救うために祐二郎は発進を請求するのであった。本当の反戦映画って、こういうのだよね。

  • stanleyk2001

    3.0

    実話に基づく映画

    イ58号潜水艦搭乗員の実話に基づく。悪役として名をはせる安部徹さんや西村晃さんが良い水兵さんで嬉しい。艦長の森雅之さんも毅然として良い。 時代のせいか、反戦色は薄く何だか米軍をやっつけてばかりだ。恐らく死んでいった戦友を大切にしたいと言う願いなのだろう

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


石原裕次郎黒崎中尉
葉山良二柿田中尉
杉幸彦久波上曹
長門裕之今西一曹
津川雅彦今西一曹の弟
森雅之橋爪艦長
三島耕軍医長
西村晃航海長
安部徹掌水雷長
浜村純先任将校
天草四郎機関長
河野弘分隊士
二本柳寛指揮官
神山勝聴音室長
宮崎準砲術長
島村謙二伝令A
水谷謙之伝令B
長弘主計長
高品格花井上曹
小川繁浅岡二曹
里実渡辺兵長
吉田祥杉本兵長
芦川いづみ黒崎洋子
左幸子玲子
木室郁子滝先生
紅沢葉子下宿のおかみさん
仲島豊看護長
白井鋭監視兵
花村典克電探兵A
加藤義朗電探兵B
山田禅二廻槽店の男
徳永豊子廻槽店の女

基本情報


タイトル
人間魚雷出撃す

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-