ここから本文です

踊る摩天楼 (1956)

監督
野村芳太郎
  • みたいムービー 0
  • みたログ 2

3.00 / 評価:3件

盆踊りからジャズダンスまで

  • bakeneko さん
  • 2013年7月4日 7時19分
  • 閲覧数 395
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

松竹歌劇団のダンス+日本舞踊+盆踊り+越路吹雪歌唱の賑やかな饗宴が愉しめる-セミミュージカルラブコメで、藤乃高子&朝丘雪路&中川弘子の三人娘の華やかさや特別出演の有馬稲子の艶やかさも眼福であります(朝丘さんのウエストって細い!)。
宝塚の歌謡ショーとはまた一味違う松竹歌劇団のスピーデイーなダンスと舞台が見所の作品で、越路吹雪の歌の場面だけでも元が取れる映画となっています。
九州(多分鹿児島)の旧大名家の若様を巡る現代の東京での結婚騒動が賑やかに入り乱れるラブコメで、主役の2人:川喜多雄二&高橋貞二に加えて、名脇役の日守新一がコメディモチーフを一人で頑張っています。他にも古川縁波や大木実(髭を付けて歌も唄います)らの出演も愉しい娯楽編で、野村芳太郎監督が”ひばりシリーズ”で見せた音楽映画のセンスが堪能できます。

音楽場面と鷹揚な喜劇性がマッチした万人向けの愉しい映画ですので、ソフト化しましょうよ業者さん!

ねたばれ?
九州(特に鹿児島)に松平家はいないと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 勇敢
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ