ここから本文です

青雲の鬼 (1957)

監督
河野寿一
  • みたいムービー 0
  • みたログ 0

未評価

解説

 山手樹一郎の同名小説を「りんどう鴉」の八住利雄が脚色し「朱鞘罷り通る」の河野寿一が監督した。中村錦之助が恋と剣に大活躍を見せる青春時代劇。  遠州浜松の浪人、早水東吾は青雲の志を抱いて江戸に向かっていた。盗賊による埋蔵金探しを生業とする捨吉と、深川蕎麦屋の娘お袖も一緒だ。旅の途中で頭巾をかぶった男に襲われる武家娘の千鳥を救い出すことに成功するが、彼女が待ち合わせをしていた父の松浦石見守は小田原宿で殺害。父の後妻である萩江には組下与力の石垣綱右衛門という父がおり、彼は天草屋と結託して悪事の限りを尽くした上、石見守を殺害したのだという。話を聞いた東吾は千鳥を助け天草屋を倒すことを決意。東吾は千鳥が以前襲われた頭巾姿の男に再び襲われるが、その男の正体が天草屋の部下であることを知り…。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ