ここから本文です

仇討崇禅寺馬場 (1957)

監督
マキノ雅弘
  • みたいムービー 2
  • みたログ 11

3.60 / 評価:5件

大友柳太朗のブッ壊れぶり

  • ng8uotora さん
  • 2012年6月9日 10時49分
  • 閲覧数 344
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

前半はわりとタイクツだが、伝八郎が狂気に陥ってからは、マキノ雅弘の演出含めて俄然面白くなる。
「悲劇」というより、人間の愚かさを冷徹に描いているように感じた。
武士も町民も、面子を気にする男も、恋するがあまり暴走する女も、皆が皆愚かしい。
大友柳太朗の凄まじいブッ壊れぶりが印象に残る。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ