ここから本文です

海女の戦慄 (1957)

監督
志村敏夫
  • みたいムービー 1
  • みたログ 7

3.00 / 評価:2件

眉が濃くて白塗りの男優陣に戦慄です。

  • mal******** さん
  • 2011年6月7日 17時32分
  • 閲覧数 456
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

あの”新東宝”1957年の映画です。それも”海女(あま)”物。これは新東宝ファンなら観なきゃいけません。ということで観たんですが、本編に少年が登場していることを考慮してか、お得意の”エログロ路線”はかなり薄めのテイストで、沈没船のお宝強奪戦を描いたストレートなサスペンス映画に終わった印象です。

ただ、やたら胸をあらわにした海女を演じた女優陣(ごひいきの万里昌代さんが万里昌子名で出演してます)は楽しめますが、それに比べ白塗りが強すぎ、おまけに眉毛が濃すぎる男優陣はいま観ると、少々やりすぎで変に笑えました。

狭い町で悪党達が誰にも気付かれず行動したり、いつでも泳いで逃げられるのにそうしない海女の不思議といった疑問点は多々ありますが、東宝映画ということで納得できるというなんとも変な映画ではあります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 不思議
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ