レビュー一覧に戻る
集金旅行

いやよセブン

3.0

可愛い可愛い岡田茉莉子

「神様のくれた赤ん坊」の元ネタで、原作は井伏鱒二の小説、1957年製作の松竹映画。 アパートで良平(佐田啓二)の競輪仲間だった男の妻が息子を置いて逃げてしまう。 その男も突然、死んでしまい子供だけが取り残される。 アパートの住人で相談、この男が金を貸していた人たちから集金しよう、ということになり、良平が頼まれ、息子を母親に返すことに。 同じアパートの千代(岡田茉莉子)も昔の男たちから慰謝料をとる、という名目で付いてくる。 かくして三人の岩国、山口、萩、松江などのロードムービーとなる。 岡田茉莉子の可愛さは特上で、手を出さない佐田啓二がじれったい。

閲覧数934