ここから本文です

風前の灯 (1957)

監督
木下恵介
  • みたいムービー 3
  • みたログ 19

3.60 / 評価:5件

あの夫婦の素顔は...。

  • bakeneko さん
  • 2009年5月22日 13時08分
  • 閲覧数 536
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

木下恵介のストーリーテリングの絶妙さが堪能できる“抱腹絶倒のブラックコメディ”であります。

正統派松竹映画監督として“優しい抒情性と清潔な精神を描く”良心的作風の監督として、一般的には認知されている木下恵介ですが、本作では彼の異なった才能を再認識させてくれます。
多くの善男善女を感動させた「喜びも悲しみも幾歳月」と「楢山節考」の間に作られた本作は、「喜びも悲しみも幾歳月」のスタッフ&俳優が大挙して制作していますが、方向性が180度異なっているのであります。

徹底的にドライで腹黒い登場人物らが繰り広げる、目まぐるしく転がるストーリーに観客は荒波にもまれるかのように翻弄され、最後まで予測不可能な展開の瞠目するのであります。そして、辛辣な人間描写に大笑いしながらも、“ちゃんと人間の暗黒面も見ていたのね”と、その鋭さに感心させられるのであります。

79分の短い上映時間でドラマの舞台も固定して描かれる物語ですが、内容の濃さと展開の超絶さに驚かされますよ!

全世代的にお勧めの作品で、いつもと一味違う木下慶介を堪能できる映画であります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ