ここから本文です

大平原 (1939)

UNION PACIFIC

監督
セシル・B・デミル
  • みたいムービー 4
  • みたログ 13

4.18 / 評価:11件

フロンティア魂

デミルの西部劇はみんな娯楽の醍醐味がたっぷり詰め込まれていて大好きだ。
序盤は銃撃戦の一切ないドラマが25分続くが、コレがまた面白い。銃撃戦だけが西部劇じゃないって事を証明してくれる出だしだ。
25分を過ぎた辺りから次々と巻き起こる事件の数々。アクション、ガンファイト!特に中盤のスー連合(インディアン)との死闘は西部劇史上に残る屈指のスペクタクルだ。
物語は大西洋と太平洋を結ぶ大陸横断鉄道の施工を巡って繰り広げられる政治ドラマから始まる。
そこから鉄道工事に命を賭ける個性豊かな面々のドラマで楽しませてくれる。
武闘派エンジニアで列車の保安官を務めるジェフ・バトラー、
列車の運転手を務めるモナハン、
モナハンの娘で男勝りの元気な女性モリー、
アウトローでバトラーの戦友でもあるディック、
用心棒を務める鞭の名手フィエスタ、
フィエスタの相方リーチ、
過激なクレイトン、
工事の阻止を企てる悪党キャンポーと魅力的な登場人物たち。
特にキャンポーにつるんじゃいるが昔の義理でバトラーを裏切れないディックの存在が面白い。
酒場でのやり取りは絶対“やっちまいなバトラー”ってシーンだと思うぜ。ピカピカに磨かれた鏡に感謝だ。

デミルの西部劇はただの娯楽じゃない。インディアンを撃つ前に「殺生も許されるわよね赤い悪魔なら」なんてセリフはデミルの作品じゃなきゃ言えねえよ。
命懸けで大陸に渡った開拓者たち、元々そこを故郷にしてきたインディアンたちの衝突。
交流もあったが、その多くは殺し合いの負の連鎖が続く悲劇を生んでしまった。今日に語られる西部劇はその負の連鎖を正直に告白してきてくれた。もう二度と同じ過ちを繰り返さないためにも。
西部の荒野を突っ走る列車に込められたフロンティア魂。線路は続くよ何処までも。未来に向かって今日も人々の夢と希望を乗せて走り続けるだろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • スペクタクル
  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ