社長三代記
3.9

/ 7

29%
29%
43%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(4件)

コミカル40.0%かわいい20.0%笑える20.0%楽しい20.0%

  • じぇろにも

    3.0

    ネタバレビル前で8mmを撮るOP

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gar********

    4.0

    加東大介さん登場

    福原電機の社長浅川(森繁久彌)は、大の遊び人。会社には毎日バーのマダムや新橋の芸者さんからお誘いの電話が入る。そんな浅川は、社に命運を賭けた技術協定を結ぶためにアメリカに飛ぶ、そこで絶対的権力者である会長(三好栄子)の命令で、営業部長の大場(加東大介)が社長代理に任命されるのだが… 社長シリーズの第5作目となった作品。『へそくり社長』と『続へそくり社長』で性格は真面目だった森繁さん演じる社長が、ここではすっかり遊び人に変貌をとげています。こさらに妻役が越路吹雪さんから久慈あさみさんになり、前の作品にはいなかった加東大介さんが加わり、さらにパワーアップです。 今回の映画の見所は、小学校しか出ていない環境から、努力と質実剛健を合言葉に営業部長にまで出世してきた「たたき上げ」の大場が、社長の代理として社長業に悪戦苦闘する所です。性格的に堅物で、趣味は畑仕事というどこか野暮ったさが残る大場社長代理とここは、軽妙洒脱ちょっとセクハラ気味だがおしゃれで洗練された森繁さんの浅川社長との対比がとてもおもしろくできています。 特におもしろかったのは、トイレの話。大場が、会社の下請けの社長の子どもの結婚式に出ることになるのですが、ここはいわゆる「西洋式」の結婚式場。トイレの表示が英語で書かれているので、どちらが男性用かわからないので、どうすればよいと長谷川秘書(おなじみ小林桂樹さん)に尋ねます。秘書の答えは、「字数の多い所にお入りください」 しかし、トイレの表記は、「Man」「 Women」です…正直に秘書の言葉を信じた結果は、ちょっと気の毒なことになります。森繁さんの万事そつなく仕事も浮気もこなす器用さに比べて明らかに不器用さが目立つ社長代理ですが、この真面目さが生みだす笑いが何ともおもしろいです。今回は、加東大介さんのキャラクターと演技力が主役となっています。 そして、個人的に驚いたのは新橋の芸者梅千代を演じた扇千景さん。私のような若い人間には、政治家としての扇さん(まあつまり派手なおばさまなイメージ)しか知らないので、若い頃の姿を見ることができたのは、新鮮でした。「あ~さん」と浅川社長を呼ぶ時のあの何とも言えないアダっぽさが印象的です。 新キャスト加東大介さん登場でますますおもしろくなりそうな気配の一本。未来の参院議長の若かりし頃の姿にちょっと驚きの作品です。

  • どーもキューブ

    4.0

    モリシゲの社長シリーズ

    1958年東宝作品、助監督岡本喜八、製作藤本真澄、脚本笠原良三。監督松林宗恵。 森繁久彌の社長シリーズ。かなりの本数が製作された大ヒットシリーズ。DVDで揃っている棚を見ると圧巻。毎回コメンタリーや思い入れ解説がついている嬉しい特典収録。 森繁さんは、テレビドラマでの頑固爺さん役や舞台での活躍を拝見。 最近では宮崎駿監督「もののけ姫」のシシガミで、強烈なドス声を聞かせて頂き大変印象的でした。 また、最近淡路千景さんと共演の関西ずるずるべったりラブストーリー「夫婦善哉」鑑賞。素晴らしくだらしない若旦那を飄々と演じています。 女性に嫌われだろうなぁ、この役柄。   あと「俺たちひょうきん族」にてタケチャン、サンチャンの「タケチャンマン7」でパロディ「社長シリーズ」が入っていて気になっていました。タケチャン、気難しい社長。羽を頭につけると、メガホンを持ってハイテンションになる社長役。サンチャンはお調子者秘書。パーデンネンDVDボックスに収録されていて気になってました。 先日お亡くなりなられた小林桂樹さん(追悼) 小林さんのコメディ演技が見たかったというのもありました。 小林桂樹さんは、黒澤明「椿三十朗」の唯一の爆笑ポイントの役柄。 それから岡本喜八監督の主演作品「江分利満氏の優雅な生活」。大変ユーモラスな作風に馴染んだサラリーマンえぶりまん氏を好演していました。途中でアニメーションになったりする手法をすでに本作で披露。今では、普通な手法をこんなに昔よりとりいれていたハイカラぶり。洒落てて、小林さんの人柄がのほほん奏でるコメディでした。 そんな訳で、先入観皆無。社長シリーズの元祖をたどろうということで、本作鑑賞となりました。 やはり娯楽作品として面白かったです。人気シリーズになる安定したコンビネーションサラリー物の基礎を作っていたんだなと思いました。 イバイバした森繁社長がいて、 ヘイコラ、「ハイィィー」の小林桂樹のくっさい顔をする秘書がいて、 三木のり平のお調子者部下がいて、 そこにガチガチ真面目な営業部長加東大介が社長代理になってさあ大変、という物語。 森繁威張りぃーの、小林桂樹の受けの演技ありーの、三木のでしゃばりがありーの、お堅い加東さん困るみたいな感じ。 森繁の芸達者な早口といやらしさに「芸」を感じました。やはり素晴らしいコメディアンだなーと森繁さんの見る目が変わりました。早口は、お笑いの鉄則(持論) 政治家前の扇千景さんも超綺麗です。チョロットでていますので、あと団玲子さんもかなりお若い、必見。 さて森繁社長代行の顛末はいかに。会社はどうなることやら、懐かしい風景も楽しめます。安心して鑑賞できた「社長三代記」でございました。 追伸)イヤー本作!あまりにも唐突なエンドマークに思わず大爆笑。 やはり、ちゃんと「続社長代行記」が製作されていたんでひと安心。 この尻切れ唐突エンドの手法ってこの時代からあったんですね!

  • mak********

    5.0

    ネタバレ出演者が違う!

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


森繁久彌浅川啓太郎
越路吹雪浅川厚子
小林桂樹長谷川清
三好栄子福原ヨネ
雪村いづみ福原トメ子
加東大介大場太平
杉葉子大場まつ子
団令子大場春枝
英百合子大場ちよ
司葉子中村明子
太刀川洋一松村俊夫
三木のり平池田定吉
扇千景梅千代
笹るみ子うさぎ

基本情報


タイトル
社長三代記

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル