女の防波堤
4.5

/ 6

67%
17%
17%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(2件)

パニック11.8%不思議11.8%切ない11.8%悲しい5.9%勇敢5.9%

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレジェットコースターの様な人生の浮沈!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mal********

    4.0

    怒涛の展開とはこの映画のことです。

    1958年に公開された映画ですが、新東宝映画ということで、それなりの期待と覚悟をしながらの鑑賞をおススメします。 第二次大戦後の日本を舞台に、主人公のふみ子(小畑絹子)の歩んだ半生を描いた本作は、とんでもない展開が当たり前のような昼ドラをも超える展開が用意されております。 ふみ子は半強制的にアメリカ軍人相手専門の売春宿で働かされたり、これまたアメリカ軍人御用達のクラブの売れっ子ホステスとして働いたりはもちろん、そこでアメリカ軍人と結婚して子供も授かり幸福に暮らしたりという人生を(”アメリカ軍人”って書きすぎたかな?)映画の前半で描いています。そうです、まだ前半なんです(笑) そこから前半以上に凄まじい後半が展開され、新東宝映画らしさが爆発します。 なんだかんだあって、ふみ子は麻薬密売組織のボスの情婦になる展開も正直?なんでそうなるの??ですが、一番すごいのはある医者と結婚したまでは良かったのに、その2分後くらいには彼女の過去を知ったその医者がふみ子に別人のような仕打ちをするんですよ。この予想もできるわけない怒涛の展開、正直あっけにとられてしまいした。 その後にも驚愕の展開が・・・なんて書くと?しつこいよ?とか?もう、そんなわけないだろ!??とあっさり言われそうですが、ラストシーンまで目が離せないとはまさに本作に対してあるような言葉であり、果たしてこのレビューがウソかホントかは、もうあなたの目で確かめるしかございません。 あ~疲れた…いや面白かった(笑)

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
女の防波堤

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル