ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

夜の牙 (1958)

監督
井上梅次
  • みたいムービー 2
  • みたログ 9

3.50 / 評価:4件

殴り合いも出来る町医者

  • jig***** さん
  • 2012年9月19日 22時12分
  • 閲覧数 432
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

線路下で町医者をしている主人公が、
自分の戸籍を調べてみるが、
なんと自分はすでに死んだことに・・。
伊豆のおじさんから遺産を受け継いだ弟。
自分の死に立ち会った男たちの影。
こいつは何かある・・。


と、そんなところから始まる物語ですが、
今までの裕次郎作品とはかなり違ったテイストで
ミステリー好きには食いつきやすい作品かと思います。
それにしても、自分の名前を自分の舎弟に貸そうとする
主人公というのも何ですが、
周囲の人物が結託すれば人の死が偽装できるという
ちょっと怖い話でもあります。
そこに大金がからんでいればなおのことですね。


主人公と行動を共にする舎弟みたいな男の役に
岡田真澄さんでしたが、若い頃はやっぱりかっこいいわと
改めて感じました。歳を重ねた岡田さんもかっこいいですが、
わかいころのスリムな姿もまたよいです。
作中ではひょろい感じをバカにされてましたが、
たしかに線の細さは感じますね。
当時としてはガッチリ体型の方がもてたんだろかと思いました。


主人公は医者なのに、
悪漢大勢と殴り合いをしてみたりと
荒っぽいことにも慣れているご様子。
当時の主人公の設定としては弱いというわけには
いかなかったのかなと勝手に推測してますが、
売り出し中の俳優が強くてかっこいいという姿を
見せ付けるにはうってつけなのかなとも思いました。
リアル思考な現代で作るなら、
医者は弱くて強い仲間が居るという感じのほうが受けそうです。
目の肥えた現代人に見せるにはもう一ひねりかもしれませんが、
リメイクしても案外面白いのではと感じる作品でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 不思議
  • 不気味
  • 勇敢
  • 知的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ