ここから本文です

喧嘩も楽し (1958)

監督
青柳信雄
  • みたいムービー 0
  • みたログ 1

3.00 / 評価:2件

そこまでサービスすると店が潰れるって!

  • bakeneko さん
  • 2013年12月11日 7時30分
  • 閲覧数 290
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

“大阪ものは菊田一夫”と賞された名劇作家:菊田一夫の“母は嘆かず”を1時間余りに纏めた庶民喜劇で、1950年代の大阪の下町を舞台にして、生き別れの母との邂逅や喧嘩友達男女の機微等が喧しく描かれています。

ミヤコ蝶々vs南都雄二の掛け合いの愉しさに、それぞれの子供たち:峯京子&鈴木孝次の恋と、柳家金語楼の老興行師のペーソスが絡む作劇で、当時の関西の芸人も大挙して出演しています。
まるで吉本新喜劇を観ている様な、スラップスティックと人情劇のブレンド感が愉しめる作品で、ラストの金語楼の“道成寺”は、なかなかの名人芸を見せてくれますよ。


ねたばれ?
1、一番笑えた小ネタが、愚連隊の兄貴分の名前-“昼下りの城次”。
2、“空中ストリップ”って、どんな出しものなのだろう?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ