ここから本文です

東京の休日 (1958)

監督
山本嘉次郎
  • みたいムービー 1
  • みたログ 12

5.00 / 評価:3件

解説

 「家内安全」の井手俊郎と「善太と三平物語」の山本嘉次郎との共同脚本をもとに、山本自身がメガホンをとった。撮影は「どん底」の山崎市雄、音楽は「大当り狸御殿」の松井八郎が担当。山口淑子の芸能生活二十周年記念映画と言われる。  アメリカで「ファッション界の女王」との呼び声高いデザイナーのメリー川口は、両親の墓参りをするため二十年ぶりにお忍びで日本に帰ってきた。だが帰国の事実を新聞記者にすっぱ抜かれ、記事を読んだ幼なじみのマダム蝶子にホテルを訪ねられてしまう。蝶子はパトロンの小松原寛プロデュースでファッションショーを開くことを提案。小松原はうれしさのあまり、芸者の八千代に「内緒だよ」と言いながらショーの話をしてしまう。八千代は毛織会社の宣伝部長の林に、林は喫茶店の堀洋子に、と話がどんどん広がっていった。そんなある日、天海和尚の甥を名乗る男が、メリーを訪ねてやってくる。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ