無法松の一生
4.1

/ 82

45%
30%
17%
5%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(37件)


  • ron********

    4.0

    三船敏郎の無法松、めっちゃ格好いい

    福岡県小倉(現在の北九州市)を舞台に、荒くれ者の人力車夫・富島松五郎(通称無法松)と、よき友人となった矢先に急病死した陸軍大尉・吉岡の遺族(未亡人・良子と幼い息子・敏雄)との交流を描く。 岩下俊作の原作から、伊丹十三の父の伊丹万作と稲垣浩が脚色、「柳生武芸帳 双龍秘劔」の稲垣浩が再び監督する往年の名作の再映画化。 製作は田中友幸。 撮影は「遥かなる男」の山田一夫が担当した。 出演は「柳生武芸帳 双龍秘劔」の三船敏郎、「張込み」の高峰秀子、芥川比呂志、笠智衆、宮口精二、多々良純、有島一郎などが出演。 色彩はアグファカラー。 原題「Muhomatsu,the Rikisha-Man」 1958年作品 日本映画 配給は東宝 上映時間104分 「無法松の一生」は、阪東妻三郎主演の1943年度版、三船敏郎主演の1958年版の今作、三國連太郎主演の1963年度版、勝新太郎主演の1965年度版の他、テレビドラマでも4回、舞台でも上演されています。 他、1958年の村田英雄の楽曲「無法松の一生」も有名ですね。 今作は稲垣監督が1943年(昭和18年)に製作した「無法松の一生」を、自らリメイクした作品。 前作では戦時中ということで検閲によりカットされたシーンがあり、本作でその無念を晴らしたという。 当時、木下惠介監督の「楢山節考」と争い、今作が第19回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞した。 第32回キネマ旬報ベスト・テン第7位。 今まで勝新太郎主演の1965年度版を観た事があっただけで、今作は初めて観ました。 今、Netflixで観れます。 いやぁ、めっちゃ面白いですね。 三船敏郎の無法松、めっちゃ格好いい! これは真似したくなる。 勝新よりも、三船敏郎の方が無法松!って感じがしますね。 今作の方がずっと面白かった。 こういう役の三船敏郎もいいですね。 祇園太鼓のシーンは見応えたっぷりです。 ちょっと鳥肌もんです。 ぼんぼんって呼んでたのを、「吉岡さんって呼んで」と言われた時の無法松の寂しさ。。。 「まるで他人みたいな。。。」とつぶやく松が切な過ぎます。 邦画を代表する名シーンです。 小倉の親分役の笠智衆も最高ですね。 この時代、東宝だけでなく日本映画回全体が熱いですね。 素晴らしいですね。 明治大正の小倉の時代背景も良かった。 非常にベタなお話で、とてもハッキリとしたストーリー。 ですが、これがまた面白い。 さすが、何度もリメイクされているだけはありますね。 今、この映画をリメイクしたら誰が無法松を演じるんだろうか。 誰かいるか。 すぐに思いつかないわ。 他のリメイク版、観れるものは全部観てみようと思いますわ。 ■興行収入 日本では1958年4月22日公開。 フランスでは958年12月12日公開。 北米では 1960年3月に劇場公開された。 配給収入は記載がなく不明です。 当時で配給1〜2億円くらいはいったんでしょうか。 今でいうとどれくらいかな? 興行収入にすると、今だと25〜30億円くらいかな? 星4つ(5点満点) ★★★★

  • エル・オレンス

    5.0

    ネタバレ邦画が世界を圧倒していた時代。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kin********

    5.0

    ネタバレ古臭いけど

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ky4********

    4.0

    ネタバレ世界中に似たような人はいたと思う

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hir********

    5.0

    ネタバレ義理と侠気の倫理と、思慕の心情との矛盾!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nis********

    5.0

    ネタバレ松五郎は日本人の魂なり

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • rec********

    2.0

    この熱い物語がなぜかくも寒いのか

    悲しい結末だった。物語の結末でなく映画の結末が、である。稲垣浩は完全に映画を下に見ている。そうでなければいくらイメージが合うからといっても回る車輪を本気で走馬灯に見立てたりはしない筈である。ボンが学芸会で斉唱するくだりは逃げだしたくなった。石井裕也の『あぜ道のダンディ』で酔った光石研が'ウサギのダンス"を歌い始めた時の醜さを想起させた。

  • der********

    3.0

    格差社会の男の純情

    かねてより村田英雄が歌う無法松には、豪放磊落、強きをくじき弱きを助ける男の中の男、みたいなイメージを持っていましたが、この映画を観て、実は権力や体制にはからきし弱い男だと、ちょっとがっかりしてしまいました。興行を取り仕切るヤクザの親分や、国家の威信を担っている軍人や、インテリの学者や学生には頭が上がらないんですよね。時代がそうだから仕方がないのかもしれませんが、自分が無学で貧乏な社会の底辺に生きる階層の人間だと諦めていて、上昇志向もない、その範疇でしか生きられない、封建社会、格差社会の無法松です。 そうした現実に生きる無法松にとって、旧武家出身で軍人の家に嫁いだ未亡人の吉岡夫人は、天上の存在、まさに高嶺の花。純情をもって仕えることだけが、唯一できることなのです。 無法松は、心の裡にひそむ夫人への想いをどう理解していたのでしょう。けっして叶うことのない想いと知りつつ、美人画ポスターに夫人の面影をしのび、一人息子の成長を願い、花火の夜の無骨でせつない告白ができるだけ。ワンシーンで圧倒するあばれ太鼓の乱れ打ちは、そんな無法松の千々に乱れる心を描いてあまりあります。 翻って吉岡夫人の場合。彼女にとっての無法松は、使用人、奉公人それ以上でもそれ以下でもなかったのではないでしょう、少なくともあの花火の夜までは……。にじり寄る無法松――そこに恋愛対象などとはつゆとも思わなかった無法松の想いを知ったとき、初めて彼女は旧家の娘でも、軍人の未亡人でも、一人息子を育てる軍国の母でもない、ただの一人に女であることを思い知ったのではないでしょうか。 男は夢から現実を考えるけれど、女は現実の中でしか夢を見られない……とも言います。無法松と吉岡夫人、格差社会に生きた二人が見た同床異夢。柳原白蓮や伊藤野枝が過激なまでの自由恋愛を生きる時代は、もう少し先のことなのです……。

  • tos********

    4.0

    松五郎さん、あんたって人はぁ(T_T)

     有名なタイトルですが初観賞。  松五郎さん、あんたって人はぁ(T_T)  4度の映画化で三船敏郎の他、阪東妻三郎、三国連太郎、勝新太郎が無法松を演じました。それほどの主人公!

  • 山浦国見

    5.0

    祇園太鼓の松つぁん。

    阪東妻三郎が演じた初代松五郎よりも、より野性的な三船の松五郎。前作は白黒、今回はカラー、制作年代も戦前、戦後と大分変っているものの、作品自体は大きく変わらない。これは初代無法松が不本意なシーンカットを余儀なくされた為、稲垣監督が、完全版を作ろうとしたからであり、寧ろ極端に変わっていたらおかしい。 但し、カラーならではの演出は多い。特に松五郎が倒れた後に見る幻想。特殊効果も使っており、現代映画っぽさを取り入れているのが凄い。  この映画が公開された年は、サリドマイド配合薬イソミンが登場したり、関門トンネル開通、ナンシー梅木が日本人初のアカデミー賞受賞、缶ビール、スーパーカブ、チキンラーメン、ファンタが初登場、宝塚花組・香月弘美が腹部切断で即死したり、東京タワーが完成したりと、現代サブカルチャー史に於いて重要な出来事が立て続けに起こった年だ。確実に、「明治・大正は遠くになりにけり」になりつつあった。そんな中でこの作品をリメイクしたことは、懐古だけではなく、失われ行く時代や人々を忘れないようにとの思いもあったに違いない。 戦中とは違う意味で殺伐荒涼としていく日本への、いわば警鐘だったのではないか。同じ年、村田英雄が無法松の一生を、主題歌でもないのにヒットさせているのは、偶然ではあるまい。時代が松五郎を求めたのだ。

  • d_h********

    5.0

    ネタバレ男は黙って太鼓打ち

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mut********

    5.0

    ネタバレセルフリメイクの成功例

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ito********

    5.0

    これぞ男

    スクリーンで観て後半涙、涙。 こんな男になりたかったな。 小生の心に残る映画の一つです。

  • すけきよ

    5.0

    ネタバレ見事な三船、美しい高峰

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kih********

    4.0

    いつになく従順な三船敏郎・無法松

     小倉が舞台の映画というのでこれを観た。内容は知らないままに観た。意外な展開にびっくりした。初めは笑ってみていたが、次第に本気になってしまった。  今私は『丹下左膳』を研究?している。ここに、日本人に愛される庶民のヒーロー像の原形(らしきもの)が感じられるからだ。大河内伝次郎、大友柳太郎、中村錦之助、中村獅童等々、戦前のものから現代のものまで、その移り変わりをみると、人々が求めるヒーロー像の変遷も見て取れる。『丹下左膳』を三船敏郎でも見たかった。おそらく彼も『左膳』をやりたかっただろうと思ったからだ。  私の研究?では、日本人の庶民のヒーローとしての三要素は、1イケメン、2剛腕、3チョイ悪だ。映画だから主役は全員イケメン。同じストーリーの同じ役なのに、作品によって描かれ方が違うのは、2-3、つまり剛腕とチョイ悪のバランス、端的にいえばチョイ悪のチョイの度合いだ。どの程度に悪いか、(あるいは弱いか、オッチョコチョイか、お人よしか)その辺の微妙なところで、嘘っぽくなったり嫌味になったりする。  さて、三船敏郎が演ずる無法松、2-3のバランスは如何に。私には3が勝ち過ぎたように思う。これは女性に愛されるヒーローかな。もっと強い無法松を出しても良さそうに思うのだが、これは作る側も観る側も、好みの問題。私にはちょっと物足りなかった。  小倉の下町の喧嘩っ早い方言が出されると良かった。運動会ではルール違反を起こしながら喧嘩してでもゴールするという設定でもいい。任侠の親分にも、軍人の前でも、やたら従順である。それでは亡くなった軍人の奥さんにも従順なのは当たり前で、平たんになってしまった。「無法」者であるのに、なぜか「奥さん」にだけは弱いという設定になれば良かった。これは三船の責任ではない。脚本の責任。

  • shi********

    3.0

    う~ん…。

    そんなにいいですかねコレ? 三船敏郎の演技も、他の優秀な作品に比べると大根っぽいですし、 一番感じたのは現代の邦画の悪い部分の原点的な部分が顕著に現れている気がしました。 黒澤明などの芸術作品を観すぎたからか、カメラワークの悪い点、演出過多などが目に付いてしまい、 はっきり言うと感動するほどの作品ではありませんでした。 最後の部分も主人公の心理描写が不足していて、解りづらいと思います。 悪くは無いけど、良くも無い、という感じの作品でしたね。

  • beatles_fab4

    4.0

    三船敏郎だから見た

    「ヴェネツィア映画祭金獅子賞」というものがどれだけ凄いかわかりませんが、その触れ込みを知っていたため、少し期待しすぎました。映像も美しいし、役者も皆素晴らしい。でも、話としては、奥さんやその子との関係をもう少し深くした方が良かったように思います。なんだか無法松が、ただの知り合いのおじさんにしか見えませんでした。 しかし、ラスト、無法松の走馬灯を表現したようなシーンがありますが、あれは美しく、多分当時としても斬新な表現だったように思います。

  • kor********

    5.0

    ネタバレ小倉ラプソディー♪

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • reo********

    4.0

    男の一生

    見返りを求めない、自分のことより他人のことを第一に考える。 今ではそんな人柄は他人から悪用されそうなものだけど、松五郎の ような気風の良さは今の時代だからこそ必要だと思う。 頭で難しいことをごちゃごちゃ考えるよりも真っ正直に 自分の思うがままに、本能のままに生き抜いてみる人生だって きっと、いや絶対悪くないはずだ。

  • tap********

    5.0

    ネタバレ単純

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/2 ページ中