ここから本文です

暖簾 (1958)

監督
川島雄三
  • みたいムービー 10
  • みたログ 38

4.21 / 評価:19件

埋もれちゃいけない川島作品

  • JUNO さん
  • 2006年12月17日 4時38分
  • 閲覧数 437
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

川島雄三監督1958年作品、川島監督には珍しい文芸モノだが素晴らしい出来になっている。昆布屋を営む大阪商人の戦争を挟んだ波瀾と苦難の道程。

森繁さんは親子の2役をよう演技されましたな。世代の考え方のズレをしっかり演じておられた。それを鑑賞するだけでも価値があります。山田五十鈴も最高の脇固め。

文芸モノですが、「暖簾」を守る人達のドラマ中心に、川島風のテンポと軽いユーモアが入り娯楽としての味付がされる。川島雄三監督は若くして亡くなったが、凄いペースで撮り続けたので秀作がまだ埋もれている。DVD化した東宝・日活・角川(大映)はようやった!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 勇敢
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ